香川県民のさぬきうどんの記憶を徹底収集 さぬきうどん 昭和の証言

観音寺市茂木町・昭和9年生まれの女性の証言

母がイリコを一俵買っていた

(取材・文:

  • [showa]
  • vol: 234
  • 2017.09.18

忘れられない母の打ち込みうどんの味

 生まれは茂木町(観音寺市茂木町)。8人兄弟の末っ子です。うちは「三豊建設」いう建設会社で、今は父・兄の跡を甥が継いでます。父と兄、もう2人とも亡くなった。ちょっと兄が若死にしたから。会社は戦前からしてたんかなあ。今はもう業者が多いですけど、前は観音寺に3軒だったけんね。建ち売住宅なんかのハシリじゃねえ。ほだきん、大工やもう色々な人が入っているから、父がしてる時はもう40人ぐらいでね、花見に行ったりしてすごかった。

 うちでは打ち込みしてたですね。うどんを打ってたのは家の母。商売でしてる、こんな大きい台(昔の商家の受け付けにあったような台)があるでしょう。そこい(そこへ)まあ最初からいうたらこねて、そしてゴザに敷いて、ほんで踏んで、それを置いてこうアレするでない。ほんでばーっと広げてね。薄ーくこうして、アレでさーっとしてね。私もできるけどね。もう何十年もしてないけど、覚えがあるわ。うどん打つ道具も、もう棒から全部ありました。今はないでしょうね。

 具は、野菜とかチクワか天ぷら、色々。昔はね、肉は売ってなかったら鶏をしめて。モツやこんな卵もあるでしょ。モツはクセがあるけん、好き嫌いあるけど、私好きやった。モツが美味しいのに。味付けはしょう油だったかな…何十年もなるから、そらもう忘れたねえ。

 ダシはイリコ。イリコはもう、一俵買うのに。いや一袋言うん? 母が常にものすごく買う人だったから。ほだきん、あのう、おしょう油やお酒でもね、もう1ダース来るし。こういう風な商売してるから、皆に飲ますし。お餅ももう、一俵つきよったからね。父は建築の方しよるから、母だけではできんでしょう。ほだきん「おとこし(男衆)」いう人がいたわね。そでないとできないですよ。

 お味噌もみな家で作ってたから。こんな瓶にね、赤味噌・白味噌、みな作って。赤味噌の中に大根入れたら、赤くなるでしょ。今頃そんなんないけどねえ。そんなんも全部アレしてたからねえ。

 うちではあんまりかけうどんやせんと、たいてい打ち込みやったねえ。年中ご飯の代わりに食べてた。あの打ち込みのアレが美味しかったきん、忘れられん。あんなん今ないもんね。

家の小麦粉を持ち出して饅頭と交換していた

 うちには田んぼが一町(3000坪)ぐらいあって、農業は母がしてました。お米作るし、小麦も作ってるじゃないですか。ほだきん、挽いて粉にしたんが家にあるでしょう。私は製粉所には行ったことないけど、おうどんはその粉でしよった。

 私、高校生か中学校の時だったかな。なんかお饅頭欲しいなあと思ったら、あそこの角にあった「スナエ堂」いうパン屋さんへ、うちのメリケン粉を持っていった。ほんで「お饅頭ちょうだい」言うたら、30個ぐらいお饅頭くれるきん、1人で10個ぐらい食べるん(笑)。一番下で気まま放題してきたねえ。メリケン粉と物々交換やわ。けどおうどん屋さんにそんなんしたことないで。

特別な日にうどんを食べることはなかった

 お祭りとかにはうどんは食べんかったね。常に食べてるから。そんな時は、よー母はお寿司してくれよった。お客さんいうたらもうお寿司。法事はさあ、どんなだっただろうか。うちは新家で本家でないからねえ。子供だったからお参りにも行かんかったし。

常磐街にお相撲さんがうどん打ちを実演している店があった

 私は昭和30年に結婚して、高松に18年住んでました。最初は宮脇町だった。大学(香川大学)の裏ね。石清尾さんのお祭りや、夏は中央公園で盆踊りがあったから、子供も連れて見に行きましたよ。今はそこでしてないけど。もう一杯人が来てもう、中央で踊るんね。今や祭りにうどんの屋台とか出てますけど、昔は無かったですよ。私がいる時は、宮脇町うどん屋さんあったかなー。覚えてないです。

 常磐街だったと思うけど、そこには店の前がガラス張りのうどん屋さんがあった。ほなきん、外から打ってるとこが見えるわけよ。打ってるのはお相撲さんだったと思う、がっしりしてる人。お相撲さんをやめた人がしてたんでしょうね。お店の名前は分からん。こんな実演してるうどん屋が、もう2・3軒あったと思う。

 ほんで松縄に家建てて移った。昔はもう田んぼばっかりやったけど、今は全然(ぜーんぜん)変わってるみたい。松縄にいた時は、車で玉買いに行ってたですよ。福岡町言うんかな…上福岡か…おうどん作ってるとこ。作り置きじゃなくて、できだちの打ちだちでしょう。美味しかったですよ。昼はそこい(そこで)玉を買ってきて食べよった。ここも名前は覚えてないですよー、もう古い話じゃもん(笑)。

 それから九州の熊本に飛んだんです。私、バツイチだから(笑)。九州が第二の故郷で20年。九州はね、やっぱりおうどん美味しないわね。シコシコでないから。柔らかいんよねー。食べるんは食べるけどー、もう全然こっちとね、やっぱり四国のおうどんでないもん。

帰って来てからは「長田」の釜あげがお気に入り

 私が九州から帰ってきてから、もう20年ぐらいなる。満濃の「長田」いうとこの釜あげねえ。美味しかったですよ。食べた後も徳利でダシだけナンボでも飲んでました。お客さん、もういっぱいでしたよ。店を出ても次々来とん。車止められんぐらい来てた。

 それとその近くにね、「醤油」と書いとった「小縣家」さん。こうしてしょう油ぶっかけて、大根おろすでしょう? ほやけど私、あの大根おろしの、あまり感心しなくて。何回か行ったけど、こっちの長田さんによく行ったの。

ページTOPへ